レポート

織田信長生誕祭第二弾!第一話~第三話先行上映イベントオフィシャルレポート

  • 2019年6月23日(日)シネマート新宿(東京都)にて、TVアニメ「胡蝶綺 ~若き信長~」第一話~第三話先行上映イベントが開催されました。

    7月8日(月)からのTV放送開始に先駆けて、TVアニメ第一話から第三話の上映のほか、織田信長役の小林裕介さん、帰蝶役の花守ゆみりさん、沢彦宗恩役の立花慎之介さん3名のキャストによるトークショーが行われました。
  • 第一話~第三話本編の上映終了後、本作のプロデューサー米森Pが司会進行を務め、それぞれの挨拶の後、トークショーがスタート致しました。

    上映話の場面写を見ながら話をする「振り返りコーナー」からスタート。
    第一話の振り返りは「信長は脱ぐのが趣味なんですか!?」と立花さんのツッコミから開幕。肌色要素が強い第一話はアフレコ時からキャスト陣の中でも話題になっていたとのこと。織田信長を演じた小林さんは、「今まで自身が抱いていた“信長”のイメージではなく、可愛くわんぱくな“信長”を演じたので、今日観た方でギャップを感じた人も多かったのでは」と語られました。
  • 第二話では、花守さんの演じる「帰蝶」がトークテーマに。
    美しい外見の「帰蝶」と、帰蝶の父親である「斎藤道三」の外見の乖離について小林さんが追求すると、「お父さんのことを悪く言わないで!!お父さんは強いんだぞ!!」と花守さんのフォローがありました。
  • 第三話は、石川界人さん演じる「織田信勝(信長の弟)」が注目ポイントに。小林さんは、戦国時代の兄弟・主従関係の面白さについて話されました。さらに、第三話には寺島拓篤さん演じる「前田利家」が初登場。初登場時は幼い見た目のため、寺島さんは年齢を下げた演技に苦戦されていたとキャスト陣から明かされました。また、本作の面白いポイントとして「話数を重ねる毎にキャラクターの年齢や人間性が変わっていく事」と立花さんが挙げられていました。
  • 続いて、「一問一答」のコーナーへ。
    ここでは、「○○するなら登場人物のうちの誰??」といった質問に対して、3名にお答え頂きました。

    信長と恒興の主従関係が本作のポイントでもあるということで、一問目は「上司にするなら誰??」という質問に。回答タイムでは一番に立花さんが回答。自身の演じる「沢彦宗恩」を挙げ、「常に優しくサポートしてくれる。裏で悪いこともしてくれて成功に導いてくれますからね(笑)」と裏のありそうな見た目を話し、笑いを誘っていました。
  • 続いて、花守さんは信長の異母兄である「織田信広」を選択。「信長」の事を愛し、優しく接してくれる「信広」は上司というよりも兄として欲しいとのこと。
    そして小林さんは「平手政秀」を選び、「敏腕上司。信長の甘い部分も良いところとしてとらえてくれる人」とコメントされました。
  • 三問目は、信長と帰蝶の夫婦関係も本作の注目ポイントということで、「結婚するなら誰??」という問いに。画面上に現れたキャラクターの選択肢が男性キャラしかいないことに、「男しかいねぇじゃねえか!!」と男性陣からの総ツッコミがあり、会場が笑いに包まれました。
    立花さんは一問目からずっと選んできた、自身の演じる「沢彦宗恩」をここでも選択。「内助の功で何でもやってくれそう。お隣さんがうるさかったら次の日消してくれたり(笑)」との立花さんのコメントに会場からは再び笑いが起こりました。
    花守さんは「齋藤道三」を選び、「女の子はお父さんに憧れるもの!」とコメント。最後に小林さんは信長の弟の「織田信勝」を選択。今後の本編内での信勝の綺麗な“髪”に注目してもらいたいと話されました。
  • 続く告知コーナーでは突然のスペシャル告知!2020年2月16日(日)のスペシャルイベントが発表!!観客席から割れんばかりの拍手が鳴りました。Blu-ray&DVDの発売情報も発表され、告知コーナーは終了致しました。
  • 最後に「織田信長」のイラストが描かれたこも樽が登場!!
    キャストと観客の皆様の「出撃!!」の掛け声に合わせて、作品のヒット祈願として鏡開きが行われました。樽の中にはお酒の代わりに小さいこも樽とサインボールが入っており、観客へのサインボールのサプライズプレゼントがありました。
  • 盛り上がってきた「胡蝶綺 ~若き信長~」第二弾先行上映イベントも終盤となったところで、登壇キャストそれぞれから本日の感想をいただき終演となりました。

    「胡蝶綺 ~若き信長~」は7月8日(月)より、TOKYO MX,AT-X,WOWOW,BSフジにて放送、dアニメストア他にて配信開始です!是非ご覧ください。

一覧に戻る